はなまる学習教室

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語「序数」 私の子ども時代は野球やボウリングで知ったけれど…

<<   作成日時 : 2015/09/11 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中1英語、今「序数」を学習しています。
日付の言い方のためです。
今日なら「September eleventh」。

first second third … ファースト セカンド サード、今の子どもたちには、あまり馴染みがないようです。
野球のことをあまり知らないからです。
日本ハムファイターズのことは知っていても、ポジション名やルールなど、ほとんど知らない。
男子でもです。
野球のポジション、「一塁、二塁、三塁は、何て言うかな?」「…」「ファースト、セカンド、サードって言うよね」「…フーン…」。
こんな感じです。
多様性の時代です。「男子は野球を知っている」ではないのですね。

「3番、ファースト、王」「4番、サード、長嶋」。
巨人V9時代、1965年〜1973年まで不動のオーダーでした。
セカンドは、土井。
野球を通して、当時の子どもは、英語の序数に馴染んでいました。

4番目から、「fourth」フォース、これは、ボウリングで馴染んでいました。

私の子ども時代は、空前のボウリングブーム。
1970年前後から、本当に流行っていました。
須田開代子、中山律子の活躍を子どもも見ていました。
テレビのボーリング番組は視聴率が高かった。

フォース、これはストライクが4回続いたときに使う用語です。
さらに続くと、fifth sixth …。
中山律子さんがストライクを続けていくと、子どもながら嬉しかった。
でも、須田開代子さんがしていると、ちょっといやだった。どちらかというと、中山さん贔屓で、須田さんは敵役でした。結構子どもの間ではそうだったな。

ストライク2回続くとダブル、3回ではトリプル。
double(ダブル)、triple(トリプル)など、英語の倍数詞なんかもボウリングで学んだな。
でも、トリプルなんて言いません、かっこつけて「ターキー」です。
語源は七面鳥(turkey)。何でそう言うのかは知りません。

フォース→フィフス→シックスス→セブンス→エイトス→ナインス→テンス→イレブンス→パーフェクト!!
1970年8月21日、府中スターレーンで行われた、テレビ朝日「レディズ・チャレンジボウル」収録中に女子プロ初の公認パーフェクトゲームを中山律子さんが達成!!
この番組を見て、すごい興奮したことを覚えています。

ボウリングのことも、子どもたちはほとんど知りません。
まさに1から英語の「序数」を教えていかなければならないなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
英語「序数」 私の子ども時代は野球やボウリングで知ったけれど… はなまる学習教室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる