アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「タイムリープ」のブログ記事

みんなの「タイムリープ」ブログ


家のラベンダーが開花 その香りでタイムリープ

2015/06/24 13:22
ラベンダーが開花し始めました。
まだほんの2、3本ですが。
例年並みの開花時期かな。
画像
画像
ラベンダーの香りがとても癒してくれます。
ラベンダーの香りといえば、思い出すのは「時をかける少女」。

「時をかける少女」は、筒井康隆氏の作品。
ヤングアダルト向けのSF小説(1967年刊)です。
私の出会いは、本ではなく、テレビドラマです。

NHKの少年少女向けテレビドラマ、「少年ドラマシリーズ」の第一弾、「タイムトラベラー」です。
1972年1月1日から1972年2月5日まで放映されたものです。
小学校高学年の頃か。

普通の中学3年生芳山和子は、理科準備室で謎の香りを嗅いだ。その香りは、ラベンダーの花のものだった。

当時の私は、ラベンダーが何者なのかまったく知りませんでした。
見たことも、ましてや香りをかぐことはまったくなく、謎のもの。
ドラマが展開されて、花なのだなという認識はその後されましたが。

その後、大学生まで実物は見たことがありませんでした。
大学生になり、今はすごい人気定番スポットになった中富良野「ファーム富田」で、咲き誇るラベンダー畑で初めてラベンダーを見たのでした。
香りをかいだとき、その爽やかな心洗われる香りに、タイムリープの薬になるかもと、思ってしまいました。
作品では、ラベンダーはタイムリープのための薬の調合に必要な材料でした。

あの「少年ドラマシリーズ」から、私はSFに目覚めました。
鶴書房のSFベストセラーズは、ほとんど買って読みました。

新世界遊撃隊、夕ばえ作戦、黒の放射線、リュイテン太陽、なぞの転校生、時間砲計画、 すばらしい超能力時代、 人類のあけぼの号、見えないものの影…
懐かしいなあ。

家の素敵なラベンダーの香りをかぎながら、懐かしく思い出しました。

あれ、これってタイムリープか!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「タイムリープ」ブログ

はなまる学習教室 タイムリープのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる