アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「読書」のブログ記事

みんなの「読書」ブログ


シャーロック・ホームズを今の中学生って知らないのか?

2015/09/16 10:10
開隆堂の中1英語教科書に「シャーロック・ホームズ」の話題が登場します。

「シャーロック・ホームズって何?」
今年の中1の子どもたちも知らないのか。

相棒のワトソン博士の名前も登場しますが、シャーロック・ホームズを知らない子どもたちには、当然何者かわかりません。
私立探偵シャーロック・ホームズが主人公の探偵小説を書いたコナン・ドイルの名前も出てきますが、??です。
「名探偵コナンは、知っているけど…」
「じゃあ、名探偵コナンの名前は?」
「江戸川コナン」
「江戸川って、江戸川乱歩からきているんだけど、知ってる?」
「??」
江戸川乱歩の推理小説で活躍する名探偵明智小五郎、そして、少年探偵団のことも知りません。

「シャーロック・ホームズの冒険」シリーズ、「怪盗ルパン」シリーズ、「少年探偵団」シリーズ、私の小学校高学年の頃は、競って探偵小説、推理小説を読んでいたけれど、今の子どもたちは「名探偵コナン」だけか。

中2の教科書には、「ガリバー旅行記」が登場しますが、これも読んだことがあるか聞いてみると、「読んだことがない」という返事。

中学生には、今からでも世界の名作、文学を読んでもらいたいなあ。
そう言えば、「中学生に読んでほしい30冊」(新潮文庫)に、「シャーロック・ホームズの冒険」が入っていたな。

昨日9月15日、大雪山系黒岳で初雪が観測されたそうです。
昨年より1日早く、ほぼ平年並みだそうです。
旭川地方気象台によると、北海道の上空5000メートルに10月中旬並みの寒気が入り、山頂付近の天候が悪く降雪になったとみられるということです。

この話題が出てくると、北海道はもう完全に秋突入。
あと1週間で、夜の時間の方が長くなるし。
読書の秋かな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「読書」ブログ

はなまる学習教室 読書のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる