窓ガラス断熱シートは、プチプチだった

はなまる学習教室の出入口は、サンルームになっています。
このサンルーム、初冬となり、寒いのと結露で悩みます。
特に、結露対策を何とかしないと。
ガラスが低温となり、サンルーム内の空気中の水蒸気が凝結し、水滴がいっぱいつきます。
放っておくと床がビショビショになってしまう恐れがあります。
このままでは、傷んでしまいます。

大がかりなことはできません。
簡単にできる結露防止はないか。
調べてみると、窓ガラス断熱シートというのがありました。

さっそく近くのホームセンターへ。
商品には「灯油台・電気代の節約」「暖房効果アップ」「強力省エネ」などのコピーの他、「結露防止」も書かれています。
どんなすごいものかと手にとって商品を見ると、それは割れ物の包装などに使われるプチプチでした。
画像
正確には、気泡緩衝材というのですが。
たいがいプチプチで通じます。

子どものころ、このプチプチをつぶす遊びが好きだったな。
このプチプチつぶしは、気を紛らわしたり、ストレスを発散したりする効果もあるそうです。
袋を破る軽快な音と、無数に繰り返される動作に中毒性があるとまでいわれています。
そういえば、途中でやめないよな、最後までやってしまう。
なんと、「プチプチの日」なるものも存在するそうです。8月8日、つぶすときの「パチパチ」と「88」の語呂合わせからきているそうです。

おっと、話がそれました。
どうして、このプチプチが結露防止になるのだろう。
あのツブツブに入っている空気に断熱効果があるからだそうです。
部屋の空気が、直接ガラスの冷たさに触れない、しかもプチプチの表面は、空気のおかげで、冷たくならない、それで結露防止なのだそうです。

畳一畳分の大きさで、約700円、効果がどれほどかはわかりませんが、試しに購入しました。

貼るのは、「カンタン水貼り」です。
ガラスに霧吹きで水をかけ、その上に貼るのです。
確かに、簡単にくっつきました。
画像
画像
ずれても簡単にとれ、直すことができます。
これは便利でいいやと、思いつつ、真冬の氷点下、霧吹きでかけた水が凍ったらどうなるのだろうと疑問も。
凍ったら、粘着力がなくなって、バサッと落ちてしまうのではないだろうか。
注意書きのところを見ると、「水が完全に乾くまでは充分密着しません」と、書かれています。
え、乾いちゃうの。
乾いたら粘着力がなくなるのでは?
なんて、いろいろ疑問もあるのですが、とにかく効果を期待しよう。

今日は、ガラスの一部にだけ装着。
あとは、様子を見て、これはいいとなれば、他の部分もやっていこう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック