8月25日は「即席ラーメンの日」 1958年「チキンラーメン」発売

8月25日、札幌市は今日、中学校の2学期始業式です。

はなまる学習教室の夏期講習は、昨日で終了です。
今日から日中、多少時間があるので、また、2日に1回程度の更新ができそうです。

今日は、「即席ラーメン記念日」です。
1958年、日清食品が世界初の即席ラーメン「チキンラーメン」を発売した日。
この世界初のインスタントラーメンは、安藤百福氏が発明したのは有名な話です。

安藤百福氏が開発したもう一つ超有名なのが、「カップラーメン」。1971年のことです。

小学校低学年の頃までは、「チキンラーメン」によくお世話になりましたが、「カップラーメン」が世に出てからは、インスタントラーメンはほとんどカップもの。
学生時代や独身時代はカップもののインスタントラーメンにお世話になったものです。

最近「チキンラーメン」のCMがよくかかっていたので、何となく懐かしく、購入して食べました。
最近「チキンラーメン」のCMがよくかかっていたのは、今日の「即席ラーメンの日」に向けてでしょうか。

麺をどんぶりに入れ、卵をおとし、お湯をかけ皿をのせます。
今の麺は便利です。卵ポケットがついているので、卵がそこにしっかりおさまります。
この卵ポケットは、2003年から。2008年にはWたまごポケットにリニューアルです。

3分待つと、はい出来上がり。
(発売当初は、「お湯をかけて2分でできあがる」と言っていたそうです。)
あっさりチキンスープ味で普通においしい。懐かしい味です。

でも、何で「チキン」なんだ。
それは、安藤氏がどんな国のどんな宗教の人にも食べられるようにと、チキン味にしたそうです。

発売当初、「チキンラーメン」は、1袋35円だったそうです。
当時うどんが1玉6円の時代だったそうで、問屋は最初この価格を懸念していたそうです。

ところが、いざ発売となると、飛ぶように売れ、日産400食でスタートしたのが、翌年の4月には日産6000食まで拡大したそうです。

おいしくいただいた後は、後片付け。
どんぶりと皿を洗うという手間はかかります。
でも、普通のインスタントラーメンなら、どんぶりとナベですから、ナベと皿なら、皿の方が楽か。それでも、カップものに比べると、やっぱり後片付けの手間がかかってしまうのが、私をカップものに走らせる原因です。

5食パックを買ったので、もうしばらく「チキンラーメン」を楽しめそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック